ポップス、その他

ギターで弾きたい定番といえばポップス。ですが、ポップスというジャンルは流行音楽全体の総称であるため、ポップスギターというジャンルはありません。様々な流行歌は意外と定番コードを覚えるだけでもサクッと弾けるので、どんどんレベルアップして色々な曲にチャレンジしましょう。

ポップスソング上達のポイント

  1. よくある定番コードの進行を覚える
    メロディラインはばらばらでも、そのベースであるコード進行は同じパターンを多用することが多いようです。例えばカノンの「D - A - Bm - F#m - G - D - G - A」(愛は勝つ、負けないで、TOMORROW、さくらんぼ など)や、「F - G - Em - Am」(瞳を閉じて、ロビンソン、White Love、Fragile など)などを覚えておくと、意外と有名な曲もさらりと弾けます
  2. ペンタトニックスケールに慣れよう
    一般的な音階はドレミファソラシですが、ペンタとニックはそこからファ・シを抜いた5音で攻勢されています。実はロックやブルース、日本のポップスなどもこの音階を使うことが多いため、ギター上達のためには必須。指の動きを練習するというよりは、音階に慣れて響きを覚えましょう。
  3. 弾きたい曲をたくさん準備しよう
    ポップスは幅広いジャンルの総称のため、講師に「ポップスを弾きたいです!」と言ってもどんな曲を弾きたいのかは伝わりません。好きな曲をリストアップしてきちんと伝えることで、レッスンの方向性が明確になります。次に弾きたい曲を常に考えておくことで、目標を絶やさず練習できますよ。

そもそもポップスとは?

実はポップスという言葉は和製英語であり、海外ではpopやpopularと同義。意味は「流行歌、大衆音楽全般」。昔は日本の曲は歌謡曲、海外の曲がポップスでしたが歌謡曲が下火になるに連れ、日本の曲も全てポップスに含まれるようになりました。

ポップスにはロックもR&Bもヒップホップもテクノもレゲエも含まれており、かなり幅広いジャンルを指します。例えばB'zやサザンはロックでありポップスでもある。きゃりーぱみゅぱみゅはテクノ+ポップスでテクノポップ。EXILEはダンスミュージックかつポップスということになります。ただし、クラシックや民族音楽は含まれません。

ポップスギターというジャンルはないため、自分の好きなアーティストのサウンドに合わせて、エレキかアコギを選んで弾くことになるでしょう。


様々なスタイルのギターを教えてくれるギター教室の一例

EYS音楽教室

EYS音楽教室では、アコースティック、ジャズ、エレキ、クラシック、ボサノヴァ、フラメンコと6つのコースに分かれています。それぞれ弾きたいジャンルのギターを学ぶことが可能。どれを選べば良いか分からない方は、好きなアーティストや弾きたい曲を講師に相談してみてください。楽器をまだ持っていない初心者には、なんと教室からオススメ楽器をプレゼント(所持者は料金割引)してくれます。

レッスンを半年間受けて曲が弾けるようになったら、EYS会員が主催するライブに出演するチャンスが!自分の演奏を多くの方に聞いてもらい、もっと上手くなりたい・こんな曲も弾きたい!とモチベーションを高めることができます。


ギター教室に通った方の口コミ集

  • 高校時代に3年ほどギターを弾いており、久しぶりに弾きたい気持ちが再熱しました。有名音楽教室でとりあえずは初心者か?と思って見学しましたが、これはちょっとレベルが低すぎる…やっぱり一人ひとりのレベルで見てくれるマンツーマンって重要なんだなと再確認しました。
  • ギター教室に通いだして1年でなかなか上達しました。1回のレッスンは30分と短時間ですが、それでもだいぶ好きな曲が弾けるようになってきた感覚があります。ここからは独学で、自分のやりたい音楽を思いっきり楽しみたいと思います。
  • 先生がとても熱心で、生徒同士も仲がよく、明るい雰囲気の中でレッスンが受けられます。私は初心者ですが、それでもかなり細かくしっかり教えてくれるため確実に独学より成長が早いです。ある程度弾ける方なら、とても充実した時間になりそうです。
  • なかなか理解できないテクニックや理論も、色々な角度から何度も教えてくれるので疑問のまま放置することはまずありません。いつも時間一杯みっちり指導してもらい満足です。不満なども直接伝えるときちんと対応してくれるので、生徒だからといって我慢せずに伝えたほうが良いです。
東京でおすすめ!ギタースクール3選はこちら