オンライン

ひと昔前はウェブカメラやヘッドセットがないとビデオ通話はできませんでしたが、現代はスマホ一つで全てをこなせるため、ギターのオンラインレッスンを実施する教室も増えてきました。この方法のメリットとデメリットについて、スカイプと動画視聴の違いなど、気になるポイントを解説していきます。

オンラインレッスンのメリット

時間・場所を問わずにレッスンが受けられる

ギターを習いたくても時間がない、教室が遠いといった方でも、ネット環境さえあれば誰でもプロからのレッスンを受けることができるのが最大の特徴。レッスンのためにギターを運ぶのって意外と面倒ですが、自宅でのオンラインレッスンであればわざわざ外に持ち運ぶ必要もありません。

プロの講師が直々に教えてくれる

ギター教室で数々の指導をしてきた講師がしっかり教えてくれるので、上達は早いです。指導内容自体もギター教室に実際通っているのと大きな差はありません。

教室に通うよりも費用が抑えられる

通学の場合、毎回のレッスン費+スタジオ利用費を取られることもあります。交通費も別途必要。しかし、オンラインレッスンは自宅でOKですから、教室に通うよりも費用は安くできます

何度でも見返すことが可能

動画配信のレッスンはもちろん、マンツーマンのスカイプレッスンでも録画機能を使用することで復習することが可能。自分が苦手なポイントを繰り返し練習できます。

一見良さそうに思えるオンラインレッスンの実際は…?

やはり、オンラインレッスンの特徴といえば時間と場所の制約がないことですね。料金も安いし、教室よりもオンラインのほうが良いのでは…?と思う方もいるでしょう。

たしかに、ある程度ギターの技術を持っている方が習うならオンラインでも十分先生と意思疎通ができるでしょう。ですが、ギターの構えやコードの抑え方のコツ、複雑な指の動きなどは、言葉や映像ではなかなかうまく伝わらないこともあります。「先生が目の前にいてくれたら良いのに…」ということもたびたび起こる可能性があることを事前にしっかり把握しておきましょう。

オンラインレッスンのデメリット

先生が直接指導できない

特に初心者とプロ志望の方の場合は、オンラインよりも先生と直接対面して習ったほうが正確に技術を学べます

画質が荒い、画面が小さい

テレビ電話はあまり画質が良くないため、コード進行やメロディラインなど大切な指の動きがしっかり見えない可能性があります。スマホの場合は画面が小さいですから、演奏しつつ画面を見るといったことにはあまり適していません。

大きい音が出せない

多くの方が自宅でレッスンを受けるようですが、夜のレッスンともなれば当然アンプの使用はNGですよね。その点、スタジオや教室ならば夜でも思いっきり弾くことができ、自分の100%の力を先生に見てもらうことができるのです。

スカイプレッスンと動画レッスンの違い

ここまではスカイプを用いてマンツーマンレッスンをするスタイルについてお話しました。実はオンラインレッスンにはもう一つ、「動画視聴」のレッスンがあります。スカイプと動画はどこが違うのか、比べてみましょう。

  レッスン時間 料金 レッスン対象
スカイプ 予約をする 1回単位で発生 あなた一人
動画 好きなときに視聴する 無料もしくは月額 大勢の視聴者

動画レッスンはYoutubeなどにアップされているギターテクニック動画を見て練習するものであり、しいて言うなら「映像付きの独学」

スカイプの場合、先生がこちらのことをきちんと気にかけ、カリキュラムを組み教えてくれる「ギター教室」なので、天と地ほどの差があります。初心者がオンラインで学ぶなら、スカイプレッスンがおすすめです。ある程度上達してきたら、動画を見て新しいことにチャレンジするのも良いでしょう。

東京でおすすめ!ギタースクール3選はこちら